1. HOME
  2. 研究成果

研究成果

公募要領

科研費

研究成果

・令和2年1月に平瀬班員の研究室から論文が発表されました。
Distinct temporal integration of noradrenaline signaling by astrocytic second messengers during vigilance
Oe Y, Wang X, Patriarchi T, Konno A, Ozawa K, Yahagi K, Hirai H, Tian L, McHugh TJ, Hirase H.
Nature Communications 11, 471 (2020)

・平成31年4月に笠井班員の研究室から論文が発表されました。
Whole-brain block-face serial microscopy tomography at subcellular resolution using FAST
Seiriki K, Kasai A, Nakazawa T, Niu M, Naka Y, Tanuma M, Igarashi H, Yamaura K, Hayata-Takano A, Ago Y, Hashimoto H.
Nature Protocols 14, 1509-1529 (2019)

・平成31年4月に平瀬班員から総説が発表されました。
Glycogen distribution in mouse hippocampus.
Hirase H, Akther S, Wang X, Oe Y.
Journal of Neuroscience Research 97, 923-932 (2019)

・平成31年1月に山中班員の研究室から論文が発表されました。
Large timescale interrogation of neuronal function by fiberless optogenetics using lanthanide micro-particles.
Miyazaki T, Chowdhury S, Yamashita T, Matsubara T, Yawo H, Yuasa H, Yamanaka A. 
Cell Reports 26, 1033-1043 (2019)

・平成31年1月に松井班員の研究室から論文が発表されました。
Cell-type-specific thalamocortical inputs constrain direction map formation in visual cortex.
Nishiyama M, Matsui T, Murakami T, Hagihara K, Ohki K.
Cell Reports 26, 1082-1088 (2019)

・平成30年12月に、平瀬班員の研究室から論文が発表されました。
Aquaporin-4-dependent glymphatic solute transport in the rodent brain.
Mestre H, Hablitz LM, Xavier ALR, Feng W, Zou W, Pu T, Monai H, Murlidharan G, Rivera RMC, Simon MJ, Pike MM, Plá V, Du T, Kress BT, Wang X, Plog BA, Thrane AS, Lundgaard I, Abe Y, Yasui M, Thomas JH, Xiao M, Hirase H, Asokan A, Iliff JJ, Nedergaard M.
eLife7, e40070 (2018)

・平成30年11月に松井班員の研究室から論文が発表されました。尾藤班員との共同研究成果です。
Astrocytes in the mouse visual cortex reliably respond to visual stimulation.
Sonoda K, Matsui T, Bito H, Ohki K.
Biochemical and Biophysical Research Communications 505, 1216-1222 (2018)

・平成30年10月に小泉班員の研究室から論文が発表されました。
Neuroprotective effects of microglial P2Y1 receptors against ischemic neuronal injury.
Fukumoto Y, Tanaka KF, Parajuli B, Shibata K, Yoshioka H, Kanemaru K, Gachet C, Ikenaka K, Koizumi S, Kinouchi H.
Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism (2018), AOP 

・平成30年10月に小泉班員の研究室から論文が発表されました。
Microglia mediate non-cell autonomous cell death of retinal ganglion cells.
Takeda A, Shinozaki Y, Kashiwagi K, Ohno N, Eto K, Wake H, Nabekura J, Koizumi S.
GLIA 66, 2366-2384 (2018)

・平成30年10月に松井班員から総説が発表されました。
Mouse optical imaging for understanding resting-state functional connectivity in human fMRI.
Matsui T, Murakami T, Ohki K.
Communicative & Integrative Biology 11, e1528821 (2018)

・平成30年9月に松崎班員の研究室から論文が発表されました。
Super-wide-field two-photon imaging with a micro-optical device moving in post-objective space.
Terada S, Kobayashi K, Ohkura M, Nakai J, Matsuzaki M.
Nature Communications 9, 3550 (2018)

・平成30年9月に松崎班員の研究室から論文が発表されました。川口班員との共同研究成果です。
Thalamocortical axonal activity in motor cortex exhibits layer-specific dynamics during motor learning.
Tanaka YH, Tanaka YR, Kondo M, Terada S, Kawaguchi Y, Matsuzaki M.
Neuron 100, 244-258 (2018)

・平成30年8月に水関班員の研究室から総説が発表されました。
The subiculum: unique hippocampal hub and more.
Matsumoto N, Kitanishi T, Mizuseki K.
Neuroscience Research 143, 1-12 (2019)

・平成30年8月に石井班員の研究室から論文が発表されました。
Zero-shot fMRI decoding with three-dimensional registration based on diffusion tensor imaging.
Fuchigami T, Shikauchi Y, Nakae K, Shikauchi M, Ogawa T, Ishii S.
Scientific Reports 8, e12342 (2018)

・平成30年7月に雨森班員から論文が発表されました。
Striatal microstimulation induces persistent and repetitive negative decision-making predicted by striatal beta-band oscillation.
Amemori K, Amemori S, Gibson DJ, Graybiel AM.
Neuron 99, 829-841 (2018)

・平成30年6月に小泉班員研究室から論文が発表されました。
Anti-depressant fluoxetine reveals its therapeutic effect via astrocytes.
Kinoshita M, Hirayama Y, Fujishita K, Shibata K, Shinozaki Y, Shigetomi E, Takeda A, Le HPN, Hayashi H, Hiasa M, Moriyama Y, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S. 
EBioMedicine 32, 72-83 (2018)

・平成31年4月に笠井班員の研究室から論文が発表されました。
Whole-brain block-face serial microscopy tomography at subcellular resolution using FAST
Seiriki K, Kasai A, Nakazawa T, Niu M, Naka Y, Tanuma M, Igarashi H, Yamaura K, Hayata-Takano A, Ago Y, Hashimoto H.
Nature Protocols 14, 1509-1529 (2019)

・平成31年4月に平瀬班員から総説が発表されました。
Glycogen distribution in mouse hippocampus.
Hirase H, Akther S, Wang X, Oe Y.
Journal of Neuroscience Research 97, 923-932 (2019)

・平成31年1月に山中班員の研究室から論文が発表されました。
Large timescale interrogation of neuronal function by fiberless optogenetics using lanthanide micro-particles.
Miyazaki T, Chowdhury S, Yamashita T, Matsubara T, Yawo H, Yuasa H, Yamanaka A. 
Cell Reports 26, 1033-1043 (2019)

・平成31年1月に松井班員の研究室から論文が発表されました。
Cell-type-specific thalamocortical inputs constrain direction map formation in visual cortex.
Nishiyama M, Matsui T, Murakami T, Hagihara K, Ohki K.
Cell Reports 26, 1082-1088 (2019)

・平成30年12月に、平瀬班員の研究室から論文が発表されました。
Aquaporin-4-dependent glymphatic solute transport in the rodent brain.
Mestre H, Hablitz LM, Xavier ALR, Feng W, Zou W, Pu T, Monai H, Murlidharan G, Rivera RMC, Simon MJ, Pike MM, Plá V, Du T, Kress BT, Wang X, Plog BA, Thrane AS, Lundgaard I, Abe Y, Yasui M, Thomas JH, Xiao M, Hirase H, Asokan A, Iliff JJ, Nedergaard M.
eLife7, e40070 (2018)

・平成30年11月に松井班員の研究室から論文が発表されました。尾藤班員との共同研究成果です。
Astrocytes in the mouse visual cortex reliably respond to visual stimulation.
Sonoda K, Matsui T, Bito H, Ohki K.
Biochemical and Biophysical Research Communications 505, 1216-1222 (2018)

・平成30年10月に小泉班員の研究室から論文が発表されました。
Neuroprotective effects of microglial P2Y1 receptors against ischemic neuronal injury.
Fukumoto Y, Tanaka KF, Parajuli B, Shibata K, Yoshioka H, Kanemaru K, Gachet C, Ikenaka K, Koizumi S, Kinouchi H.
Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism (2018), AOP 

・平成30年10月に小泉班員の研究室から論文が発表されました。
Microglia mediate non-cell autonomous cell death of retinal ganglion cells.
Takeda A, Shinozaki Y, Kashiwagi K, Ohno N, Eto K, Wake H, Nabekura J, Koizumi S.
GLIA 66, 2366-2384 (2018)

・平成30年10月に松井班員から総説が発表されました。
Mouse optical imaging for understanding resting-state functional connectivity in human fMRI.
Matsui T, Murakami T, Ohki K.
Communicative & Integrative Biology 11, e1528821 (2018)

・平成30年9月に松崎班員の研究室から論文が発表されました。
Super-wide-field two-photon imaging with a micro-optical device moving in post-objective space.
Terada S, Kobayashi K, Ohkura M, Nakai J, Matsuzaki M.
Nature Communications 9, 3550 (2018)

・平成30年9月に松崎班員の研究室から論文が発表されました。川口班員との共同研究成果です。
Thalamocortical axonal activity in motor cortex exhibits layer-specific dynamics during motor learning.
Tanaka YH, Tanaka YR, Kondo M, Terada S, Kawaguchi Y, Matsuzaki M.
Neuron 100, 244-258 (2018)

・平成30年8月に水関班員の研究室から総説が発表されました。
The subiculum: unique hippocampal hub and more.
Matsumoto N, Kitanishi T, Mizuseki K.
Neuroscience Research 143, 1-12 (2019)

・平成30年8月に石井班員の研究室から論文が発表されました。
Zero-shot fMRI decoding with three-dimensional registration based on diffusion tensor imaging.
Fuchigami T, Shikauchi Y, Nakae K, Shikauchi M, Ogawa T, Ishii S.
Scientific Reports 8, e12342 (2018)

・平成30年7月に雨森班員から論文が発表されました。
Striatal microstimulation induces persistent and repetitive negative decision-making predicted by striatal beta-band oscillation.
Amemori K, Amemori S, Gibson DJ, Graybiel AM.
Neuron 99, 829-841 (2018)

・平成30年6月に小泉班員研究室から論文が発表されました。
Anti-depressant fluoxetine reveals its therapeutic effect via astrocytes.
Kinoshita M, Hirayama Y, Fujishita K, Shibata K, Shinozaki Y, Shigetomi E, Takeda A, Le HPN, Hayashi H, Hiasa M, Moriyama Y, Ikenaka K, Tanaka KF, Koizumi S. 
EBioMedicine 32, 72-83 (2018)

・平成30年1月に川口計画班員の研究室から論文が発表されました。
A carbon nanotube tape for serial-section electron microscopy of brain ultrastructure.
Kubota Y, Sohn J, Hatada S, Schurr M, Straehle J, Gour A, Neujahr R, MiKi T, Mikula S, Kawaguchi Y.
Nature Communications 9, 437 (2018)

・平成29年10月に川口計画班員の研究室から論文が発表されました。
Segregated Excitatory–Inhibitory Recurrent Subnetworks in Layer 5 of the Rat Frontal Cortex
Morishima M, Kobayashi K, Kato S, Kobayashi K, Kawaguchi Y.
Cerebral Cortex 27, 5846-5857 (2017)

・平成29年10月に春野計画班員の研究室から論文が発表されました。
Brain response patterns to economic inequity predict present and future depression indices.
Tanaka T, Yamamoto T, Haruno M.
Nature Human Behavior 1, 748-756 (2017)

・平成29年9月に松崎計画班員の研究室から論文が発表されました。
Two-photon calcium imaging of the medial prefrontal cortex and hippocampus without cortical invasion.
Kondo M, Kobayashi K, Ohkura M, Nakai J, Matsuzaki M.
eLife 6, e26839 (2017).

・平成29年9月に川口計画班員から前頭皮質標準回路に関する総説が発表されました。
Pyramidal Cell Subtypes and Their Synaptic Connections in Layer 5 of Rat Frontal Cortex
Kawaguchi Y.
Cerebral Cortex 27, 5755-5774 (2017)

このページの先頭へ